<< ワークス 5AGSオイル交換 | main | 一双さん >>

獅子座の満月

0

    昨夜は、しし座の満月とスーパームーンでした。

     

    今夜も明るく光っています。

     

    アメリカでは、月食も見られたようですね。

     

    今年初めての満月に、ワクワクした子供の頃の気持ちを思い出してます。

     

    空想の中では、タブーも限界もなく、本当に自由でした。

     

    いつしか、鎖でつながれていた、自分の思い込みを手放してみようと思います。

     

     

    ホンダF1のターボ時代の有名人の桜井さんが、新人の頃、市販車の1300のエンジンの

     

    クランクの設計をして、7500回転で最高出力時にクランクが折れるかもしれないと言って

     

    上司に報告していたのに、上司はそれを何とかするのが、HONDA,なんだと言って

     

    無視されて、しかも結局、市販車は、最高回転を7000回転に抑えて売り出したところ

     

    社長の本田さんが激怒されて、設計の桜井さんが、呼ばれました。

     

    そしてありのままを報告すると、技術は権力を超えるんだ、と言って、上司をひどく叱ったそうです。

     

    その時に二年目くらいだった桜井さんは、社会とは妥協しなければいけないのかなあと

     

    思い始めていたころだったので、社長の態度に、感銘を受けて、嬉しかったと述べられてます。

     

     

    結局、その後、CVCCエンジンで、マスキー法をクリアしたり、シティターボをものにしたり、

     

    挙句の果て、F1復帰一年目に、壊れまくって.しかも、650馬力しかなかったエンジンを押し付けられて、

     

    二年目をやってみろと任されて、全く違った発想の、究極に効率のいいエンジンを一から設計して

     

    100人近い先輩技術者たちの前で発表したら、総スカン食らって、俺の目の黒いうちは、絶対に造らさん。

     

    とみんなその場を去っていったそうです。

     

    でもその時に、桜井さんは、あの年寄りたちの納得するものを作っていたら、また負けるに決まっているんだ。と

     

    残った若手だけで勝手に、試作エンジンを作ると、他社のトップエンジンが700から750馬力の時代に

     

    何といきなり、800馬力出たそうです。

     

    いきなり参戦二年目で、トップエンジンになり、その後の雄姿はみんなの知る所です。

     

     

    いつの時代も、抑えてくる権力者はいるものです。嫌なら出ていけばいいのです。

     

    でもその覚悟があるのなら、そんな権力者のいう事など無視するくらい

     

    やってみなはれの精神で、思う存分やればいいのです。

     

    出ていかれて困るのは、権力者なのですから。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座