知識の棚卸し

0

    日々変わっていく、保険の常識。


    でも本質である、事故による、突然の生活の


    困窮から、子供や家族を守りたい。


    そんな気持ちで、保険に関われたら


    幸せです。


    けっして、事故成金の方々、不平不満の多い


    自己中の方々の不機嫌には付き合いません。


    事故は、自分自身を見直すきっかけです。


    やった方も、やられた方も。






    5年に1度の贈り物

    0

      今日は、保険の募集人資格のうち


      まだ更新してなかった、火災、傷害の


      2つの試験を受けました。


      連休を、フルに使って何とか受ける為の


      知識の更新をしましたが、なかなか定着しま


      せんでした。


      でも、結果が出るまでは、少しゆっくりでき


      るかな?



      受験生のみなさんは、もう少しありますが


      頑張ってください。


      きっと、素敵な春が待ってると思います。



      事故の時の流れ

      0

        こんばんは、事故の時の報告については前回書きました。

         

        続きです、通常事故が起こると誰もが自分は気を付けていると思っているので

         

        当然相手が悪いと思います。

         

        もちろん完全に相手が悪いという事故もあります。

         

        例えば、信号待ちなどで、停止しているときに、後ろから追突されたときです。

         

        これは、保険でも100:0となります。

         

        つまり相手が任意保険に加入してくれていれば、相手の保険会社が修理代、代車代

         

        そして怪我をされた場合は、治療費まですべて出してくれます。

         

        そんな時には、こちらの保険会社は出る権利がほとんどの場合ありません。

         

        ただし、その修理にかかわる時の、時価や修理代の算出は納得いかないこともあります。

         

        こんな時には、単純に相手に怒っても、保険会社の算出なのであまり変わりません。

         

        そんな時には、お客さんが、車に関しては購入も保険もうちに任してあるので

         

        忙しいので、クルマ屋に任してあるといってもらえれば、私が話せる権利が出てきます。

         

        すると、修理に関しても、保険に関しても、中古車の査定に関しても、すべて資格を持っている私の出番です。

         

        ただし、お体に関しては私は素人なので、無力です。

         

         

        オークション相場、市場価格、などを参考にあまりに理不尽な価値の算出をされていると思った時には

         

        資料を提出して、再調達価格に、少しでも、近づくように交渉します。

         

        もちろん保険とは、現状復帰が基本なので、直せる時には、きちんとその後に不具合が出ないようなことをメインに考えて

         

        見積もりに加えてもらいます。

         

        例えば、タイヤに横からぶつかられ、結構な入力がある時には、一年後くらいからベアリングに異音が出る事は

         

        普通にあることです。

         

        このことは、事故車でなくても、縁石に乗り上げた場合なども同じです。

         

        つまり、修理する立場からの経験値です。

         

        でも、ここで、安さを売りにされている保険会社に多いのですが、自分の息のかかっている修理工場に入れて

         

        修理内容などに詳しくない一般の方には、大丈夫ですと言って、節約されたりしていることがありました。

         

         

        だから、事故にあった時こそ、買ったお店に入れてもらいたいと思います。

         

        それが、顔のみえる信頼できる人に、任すことになるからです。

         

        今は、昔のように、保険会社は、しっかりした会社なので、変な事はしないだろうと思うのは

         

        少し危険ですね。

         

        だって、安くした保険料は何処で、元を取るのですか?

         

        企業である以上、経費なのです。修理代や代車代は。節約しますよね。

         

         

        色んなことが、あるので一概には言えませんが、安いにはそれなりの事が、必要です。

         

        ちなみに通販型保険には、営業所も自前の保険の鑑定士も、いないことがあります。

         

        外注に出すのです。日本の損保会社のアジャスターに。

         

        つまり、メインは自社のお客さまなので、他社さんのお客さんは優先準備は下がってきます。

         

        とっても対応が遅いです。

         

        これは、修理している方は、よくあることで、とても困ります。

         

        また、自営で、アジャスターをされている方などが来ることもあります。

         

        とにかく何でもかんでも、安くなる努力をされます。

         

        何か、見積もりよりもいくら安く出来たかが大事なことのようです。

         

        こんなことばかり経験していると、むくむくと正義感が出てきて、本当に腹が立ちます。

         

        そうなると、余計にきちんと、修理します。もちろん、事故成金にはなりませんが。

         

        ここは、人として、また職人としての、気質になってきますので。

         

        また、今が良くても、後から、チャラになることが起こってます。実際に。

         

         

        自分も含めて、事故の時にこそ、潔く自分の非は、認めて、おきたいものですね。

         

         

         

         

         



        事故の報告はできるだけ代理店経由で。

        0

          2ヶ月くらい前に、お客さんの息子さんが駐車場内で事故を起こされました。


          うちで車の購入と任意保険も入ってもらっているので、


          引き上げは、ロードサービスで無料でうちに運んでもらい、


          事故報告をしに来店してもらいました。


          直接フリーダイヤルで事故報告をすると、事故現場や土地勘のない担当が


          とりあえずの事故受付をしてしまうからです。


          事故の時に重要なのは、この事故報告書なのです。


          当然、グーグルでは、わからないその現場独特の状況があります。


          これは、事故現場をみたこともない人や、事故車が無言で語る事実までは


          なかなか電話の報告では伝わりません。


          だから、面倒でも、私が事故車をみさせてもらって、なおかつ、できるだけ


          事故現場もみた上で、地図を添付したり、状況図を書きます。


          現場や車の写真も同時に送ることもしばしばです。


          写真は事実を物静かですが、確実に語ってくれます。


          そして、相手が人なので、どんなことを言っていたか、その場の空気も


          聞いた上で、報告書を書きます。


          幸い、私自身が過去に事故の当事者として経験が少なくなかったので


          お客さんの気持ちも、相手の言いそうなこともほぼ感じられます。


          もちろん車の傷の方向や、長さ、深さ、などから当たった状況もほぼわかります。


          そんな言葉にしにくい、事故状況を冷静にお客さんの思うところも含めて


          過失の割合に関しての気持ちもできるだけ考慮して短めに書きます。


          その報告書をファックスして担当からの電話時に言葉で事故のニュアンスを丁寧に伝えるのです。


          なぜなら,大部分の方は事故はまれなことであると同時に


          事故終了時までの流れや、車の修理に関しては初心者だからです。


          そこを私が通訳させてもらうことにより、より円満解決になるように。


          ここは、顔の見える関係だからこそのメリットですね。


          もちろん、無理や事故成金のお手伝いはできませんが。


          でも、保険に入ってもらっていないとこの権利がないので


          申し訳ないのですが、うちで契約していただいている方のみのサービスです


          長くなったのでまた書きます。














          事故はお互い様。

          0

            おはようございます。


            昨日は、本当に暑かったです。


            今朝も4時半くらいから、蝉が鳴き始めています。


            今日も厳しそうです。たっぷりと水分補給しましょうね。


            昨日、任意保険以外は、うちで任せていただいているお客さんが


            保険の切り替えにきていただきました。ありがたいことです。


            通販の中でも、一番お安いと思われる外資系です。


            何でも事故をされていないのに、かなり料金が上がったそうです。


            今回年齢が、ある一定以上の高齢者の方を閉め出そうという動きのようです


            元々通販型は、若者は高くてほぼはいれませんでした。


            この所の、高齢者の方の事故などの報道をみているとそんな流れのように


            思われます。



            でも、地方の健康な70才くらいのお方は、下手すると今の疲れ切っている


            中年(私も含めて)よりもずっと、お元気でアクティブです。


            しかも今の若者よりも、運転もお上手です。


            全くこすった後がありません。


            にもかかわらず、5割も保険料を上げるのはびっくりです。


            これでは任意保険に入らない、高齢者が増えるかもしれません。


            基本的に、意識の高い方の多い世代です。


            ですので、任意保険の加入率は抜群です。


            ある意味一番、安全で責任感あるドライバーの方々です。


            事故があっても、成金になる方も皆無です。


            サムライのように、潔い方が多いです。


            世間の一部の方が、補償料欲しさに、イタくもないのに通院するのとは大違いです。


            そんな一部の方が、保険料や自賠責保険の大半を使い


            結果として、保険料の値上げにつながるのです。


            本来、保険は事故によって、当たり前だった生活が


            できなくなってしまうことの救済が目的です。


            決して、加害者も被害者も金銭的に破綻しないことが前提でした。


            補償のために、準備金は必要ですが、保険会社がもうけ過ぎるのは


            どうかとも思います。


            でも今一度、ドライバーも被害者にも加害者にもなると言うことを


            思い出して、事故の時こそ、反省の意味も込めて


            お互い様だから、と言う気持ちで対応してはいかがでしょうか。



            たった、30年くらいしか、事故の当事者の方のその後の人生を観ていませんが、


            事故成金や、我欲の強い方は、一時的には良くても


            その後に、必ず、チャラになることが起こります。


            不思議と最近は、そのサイクルはどんどん短くなっている気がします。


            結果として、一番楽で気持ちのよい対応がお互い様という譲り合いの


            心ではないかと再認識している今日この頃でした。







            calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座