車内の換気 コロナの対策

0

    アフターコロナという言葉が出てきました。


    移動手段としての車も、かなり見直されています。


    車を使いながらも、より換気をする為に大切なことは、エアコンの外気導入です。


    通常の使用時には、外気導入を取説などでは薦めています。


    内気循環は、どんどん二酸化炭素濃度が上がったり、水蒸気がこもることにより窓ガラスが曇ったりするからです。


    もちろんメリットもあります。

    夏場は、エアコンがよく冷えるとか、

    花粉が入ってきにくいとか。


    もちろん、外気の臭いトンネルなどの時にも役に立ちます。


    でも外気導入にしておくだけで、自然に空気が入れ替わり、頭もスッキリとするので

    コロナ対策以外でも、安心です。


    花粉が苦手な方は、エアコンフィルターをこまめに替えて、対策するとましかもです。





    うちの子 20プリウス

    0

      一昔前の、ハイブリッドの創成期の時代に


      勉強の為に、中古で買ってから、20プリウスは、マイナー前後、どちらも所有しました


      今の子は、マイナー後です。


      フロントガラスも、厚くなり、遮音とかも

      少し考えられた子です。

      純正アルミは、スタッドレスになってるので


      夏タイヤは、スタッドレス用の社外の軽量タイプです。


      燃費の為です。今、トータル燃費20.5です。


      高速で、覆面さんに、お世話になることもある位では、走ってますが、この数字です。


      20 の良いところの1つが、エンジンです。


      1500cc 、アトキンサイクル、バランスが


      良いです。


      ウォーターポンプ、ベルト駆動のために


      グッと飛ばしたときの、ヘッドへの冷却水の回りが安定してます。


      電動は、信頼性も機械式の歴史に比べると

      落ちます。

      燃費のために信頼性を減らした感じです。


      30 は、1800ccなのと、電動ウォーターポンプが、20に比べて好みではない感じです。


      でも、もちろん、その分よく走ります。


      あくまでも、好みです。おじさんの。

      シンプルな、ベーシックグレードです。

      ヘッドもハロゲン球です。

      老眼には、この少しオレンジがかった色が

      ちょうど、見やすくて、最近はお気に入りです。

      このテールは、マイナー後の証です。


      あと、リアワイパーも、ポイントです。


      うちの子は、リアスポが、クリアハゲで


      痛々しかったので、その部分だけ黒にして


      手当てしました。


      暖かさで、仕事の合間で何とかなりました。


      もう少し、お付き合いよろしくね。


      洗車して、ごますりました。


      機械って、手入れすると、同じ壊れるときでも、何とかなる所で壊れたりして、

      助けてくれたりします。

      自分は、何度となく、助かってます。


      不思議な話だと思いますが。



      ボディーコートしてても。

      0

        トヨタの純正のガラス系のコーティングの


        注意書です。


        要は、雨が降ったら、乾く前に、拭き取ってくださいと。

        雨じみできますよ、とあります。

        何のためのコーティングなのか?


        初期のガラス系のコーティングは、親水式でした。

        でも、ガラスって、キュキュッとグリップして、つるつるしてませんよね。

        それが、一般受けしなかったので、

        わざわざ、ウォータースポットの原因の

        水玉を作るタイプを、追加しました。


        その結果が、この注意書です。


        ドアミラーの親水式は、人気なのに。


        本当に、良いものは、地味なのです。



        ブレーキ踏むとキーキー音

        0

          車の気になる音と言えば、ブレーキを踏んだときの、キーという音があります。

          原因によっては、ブレーキのパッドの交換が

          必要なこともありますが、ほとんどの場合、危険ではありません。

          ブレーキは、固いローター、ドラムといった金属と柔らかいパッド、シューといった減っていく材料との摩擦熱により、止まる力を、

          出しています。

          上がリアブレーキのドラム、下がフロントのブレーキのローターです。

          どちらも、音の原因となる錆や砂などの固い汚れを落としてあります。

          新車から時間がたつにつれて、錆は多くなりローター、ドラムには、当たり面の段差が多くなってきます。

          近年は、固いローターも、わざと減らして制動力を、出すものが増えました。

          すると、錆が、当たり面の中に巻き込まれてキー音の原因になります。

          パッドには、こんなに面取りしてあります。

          純正で新車からです。これは、よく鳴くメーカーの物です。

          錆と段差、最近の流れで当たり面に摩擦係数が高くなるように、黒い膜もできています。

          ブレーキ鳴きの対策は、このように、

          ブレーキ交換並の、作業が必要です。

          作業工賃か、発生します。

          リアドラムに関しては、うちは車検、点検時には、対策を無料でさせてもらっています。


          いずれにしても、個々の構造にも色々と違いがあるので、このかきりではありません。


          参考にしてみてください。



          クルマのお手入れ

          0

            シャンプーします。

            洗車機のコーティングで、こびりついた汚れを、水垢落としで、磨いていきます。

            次に、ドアハンドル周りの爪傷、開口部周りの乗り降りに伴う擦り傷、リアゲート周りの荷物の出し入れに伴う当たり傷、バンパー角などの擦り傷など、コンパウンドで落とせるものは、落とします。

            注意は、新車時からのコーティングは、

            痛めない程度で止めることです。

            グラス系の、固いコーティングが施工されているので、その上の層の付着した、洗車機のワックス、それとまじりあってこびりついた

            汚れを取ると、透明感のある輝きが現れます。


            あとは、お好みで、ワックス塗っても大丈夫ですし、親水式のものは、そのままでいくと

            水玉ができずに、ウォータースポット防止に

            なります。


            次が、室内です。

            マットは、一番汚れの激しいところです。

            工業用の掃除機とエアーでキレイにします。

            ダッシュボード、ドアの内張りなどもホコリ

            があるので、水ぶきしていきます。

            シートは、意外にホコリがたまっているので

            エアーも使ってさっぱりとしてもらいます。

            ハンドル、シフトは、常に手に触れるので

            中性洗剤を含んだ水で、ふきあげます。


            なかなかキレイにするのが、難しいのが、

            ガラスの内側です。

            ここは、丁寧に、コツコツです。







            calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座