プリファード ネットワーク

0

    日本には、優秀な若い人が育っています。

     

    30代の西川さん、岡野原さんなどです。

     

    彼らの経営するスタートアップ企業がプリファードネットワークさんです。

     

    機会学習、深層学習、その他の分野への広い理解

     

    一人の天才が自由に動いてそれを許される会社は

     

    日本では少ないでしょう。

     

    でもここならそれができそうです。

     

    若い優秀な方は、鍛えられ、刺激を受けられる。

     

    そんな会社に未来は明るいと思います。

     

    興味がある方は、検索して下さい。

     

     



    自動運転車の基本ソフト

    0

      JUGEMテーマ:雑学

       

       

      自動運転車の開発は、EV車の開発と並んで世界規模の競争が激しさを増しています。

       

      自動車メーカーやグーグルなどは独自にOSを開発しています。

       

      OSは、自動運転車の頭脳となる基本ソフトです。

       

       

      日本のティアフォーさんにも、頑張ってもらいたいです。

       

      ティアフォーさんは、名古屋大学や産業技術総合研究所などの成果をもとに15年に発足したばかりの

       

      会社だそうです。

       

       

      自動運転車でもすそ野が広すぎて全部の技術を自前で行うことは、ほぼ不可能だと思います。

       

      車としてのボディ、足廻り、ブレーキ、エンジン、モーター、電池など従来の自動車としての技術。

       

      そして、画像認識のGPU,性能の良いカメラ、デンソーさんや日立さんボッシュさんなどのセンサー類

       

      などの技術。

       

      自動車メーカーやグーグルなどは独自のOSを使っているそうですが、自動運転を機に

       

      大きく発展しようとしている新興企業にとっては、敷居が高いです。

       

       

      その為に、一部のIT企業や半導体メーカーや部品メーカーなどがソフトの設計図を無償公開し

       

      誰でも改良、利用できるようにして開発を加速しようとしているものを使います。

       

      このオープンソースと呼ばれている、考え方をいち早く取り入れたティアフォーさん

       

      その為にエヌビディアなどの、内外の大手の会社も使っているそうです。

       

      中国のIT大手の、百度=バイドゥなどもオープンソースで業界標準を目指してます。

       

       

      ティアフォーさんの目標は、各協力企業との関係を生かした業界標準で、走行試験用の車を販売し

       

      地域交通システムに低速の自動運転を利用しようとしているそうです。

       

      あのデンソーさんでさえ、世界中のスタートアップ企業と提携しまくってます。

       

      新聞で読むレベルですので、今水面下ではもっと激しい主導権争いが始まってると思います。

       

       

      こんなに近未来の予想が全く分からないような時代はめったにないチャンスです。

       

      もちろん、中国やアメリカ、インド、韓国、台湾などの企業はとても強くて貪欲です。

       

      あらゆるものを飲み込んで来ようとします。

       

      日本人が今まであったほんの少しの優位性など、忘れて必死になることはもちろん現状を正しく理解するためには

       

      必要だとは思います。

       

      でも、思い出してください、戦後まもなく先輩方は、世界中の優秀な商品をまねてそのレベルに追いつけ追い越せと

       

      一生懸命に考えるうちに、安かろう悪かろうから世界一の信頼性ときめ細やかな製品を作ってきたのです。

       

      その下地が日本人にはあると思います。

       

      改良するという発想が、得意な日本人。

       

      今は、全部自前でなくてよいのですから、どんどん世界中の本物を選択して、改良していけばいいと思います。

       

      最終目的は、ワクワクする喜びが詰まった、商品にまとめ上げることです。

       

      開発をするにも、目標が必要です。

       

      その目標は、人間が使うものである限り、合理的であることを踏まえたうえでの、別の何かが大切なのではないのでしょうか。

       

      第一線で頑張っている人が、疲弊して、困って作ったものは、人に喜びや楽しみを与えてくれないと思います。

       

      東南アジアの人のキラキラした目を見ていると、若い国のエネルギーってすごいなあと思います。

       

      エネルギーって、楽しい方向に出せば、どんどん湧き出てくるものなんでしょうね。

       

      お金、地位、名誉、しがみつくと、しがらみがまとわりついてくるのは、歴史が証明してます。

       

      今の権利を守ろうとする人が、変化を怖がる人が、若い力をどんどん疲弊させていきます。

       

      昨日よりも今日、今日を一生懸命に過ごしたら、明日、というようにシンプルに過ごしていけば

       

      何かが見えてくるのでは、ないのかと思うこの頃でした。

       

       

       

       

       

       



      プリウス補機バッテリー交換

      0

         

        日曜日に、BSでAIの特集をしていました。

         

        将棋の世界でも、デンソーさんの開発した人工知能が人間に勝ち、

         

        その開発者の方が、10年かけてここまで来たと言ってました。

         

        しかしAIが自分で、80億回ほどの対局を経験し、自分対自分という

         

        人間では経験できない数と内容でした。

         

        カリフォルニアの警察では、AIを犯罪の予測に使ってました。

         

        過去の通報を10年分調べて、データをもとに予想地区にパトカーを

         

        置くことによって、二割犯罪が減っているそうです。

         

        どちらも、ビッグデータプラス学ぶという、ディープラーニングが支えてました。

         

         

        また、エヌビディアも出てました。

         

        画像認識専用の、GPUのトップメーカーです。

         

        もともと、ゲーム用に進化してきたGPUが、近年の進化したカメラと共に

         

        AIに生かせると、世界中のあらゆる企業が訪れてました。

         

        とここまでは、けっこう知っている内容でした。

         

        さあここからというタイミングで、電話がかかってきたのが、プリウスのバッテリー上がりでした。

         

        高校の同級生で、わざわざいつも東海市から湾岸飛ばして来てくれてるので、

         

        今回は僕が湾岸飛ばして、引き取りに行きました。

         

        帰りに家族にピザをおみあげにして、引き揚げてきました。

         

        録画を見てみると、ちょうど電話中の内容が写ってません。

         

        電話に必死で、録画できてなかったので。

         

        誰か内容教えてくれませんか?

         

         



        AI(人工知能)と車

        0

          JUGEMテーマ:雑学

          こんばんは、梅雨の晴れ間にしてはジメジメと暑いですね。

           

          エアコンが恋しい季節の始まりです。

           

          最近は家電にも人工知能の技術が入り始めました。

           

          車の世界も、HV,PHV、EVのようにモーターと電池の重要度が

           

          増えています。

           

          またその次の争いとして、自動運転が各メーカーの大切な課題です。

           

          今までは、自動車メーカー系のサプライヤーの競争でしたが、

           

          ここにきて、異業種の車業界への参入が始まり、勢いが増しています。

           

          トヨタ、VW、日産ルノー、などと言ったメーカーが単なる組み立てメーカーに

           

          なる可能性もあるようです。

           

          例えば、グーグル、テスラ、などは既存の自動車メーカー以外ですが、

           

          自動運転では先を行っています。

           

          また、自動運転に欠かせない人工知能(AI)は、半導体メーカーの争いが

           

          増しています。

           

          今現在、エヌビディアが主要な自動車メーカーに採用されています。

           

          トヨタ、VWグループ、ダイムラー、テスラ、ボルボなど。

           

          本来、トヨタも出資するルネサスエレクトロニクスやデンソー、東芝などの

           

          日系メーカーが車載用半導体を作っても良いのに、トヨタでさえ採用しないとは

           

          かなりの性能差があるようですね。

           

          自動運転は、カメラやセンサーによりデータを集め、それを分析してどう動けば良いかを

           

          瞬時に判断できる「頭脳」が重要になってきているそうです。

           

          つまり、「人工知能」(AI)です。

           

          このエヌビディアは、自社工場を持たない半導体の設計や開発、販売がメインの会社で

           

          パソコンやゲーム用の画像処理装置(GPU)の分野の最大手らしく

           

          異業種の車会社が、その性能の良さを認めてどんどん採用しているようです。

           

          次が、イスラエルのモービルアイを買収したインテルだそうです。

           

          モービルアイは、カメラの技術がよくマツダ、日産なども採用しているメーカーです。

           

           

          そしてやっと、日本のデンソーと東芝連合で、性能では負けるので、コストの安い

           

          製品を狙うみたいです。何か始めっから負けてる感じが残念です。

           

          昔の日本人なら、世界一を目指したろうになあ。

           

          でも、生き残ろうとして必死なんでしょうね。

           

          必死は、必ず死ぬとも読めます。発明は、明るく発見する事です。

           

          世界一を目指して、常識を破ってほしいものです。

           

           

          トヨタのプリウスは、一人のセンスある明るい発明家による組み合わせの

           

          賜物だと思います。

           

          マツダのスカイアクティブも常識を一度破って考えてこそ生まれた再発見です。

           

           

          どうか、上に立つ人こそ,自らの保身ではなく、部下たちの発想を信じて

           

          頭を下げる事に生きがいを感じて下さい。

           

          いつも信じてくれる人には、必ずとんでもないご褒美と喜びが訪れると思います。

           

           

           

           

           

           

           



          calendar
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          27282930   
          << September 2020 >>
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM
          JUGEMのブログカスタマイズ講座